2018年05月16日

平成29年度日盲連臨時評議員会の報告について

日盲連臨時評議員会が去る3月26日、東京ホテルグランドヒル市谷で開催されました。
冒頭、竹下会長が挨拶の中で、
 同行援護および移動支援事業の費用基準が変更されたこと。
 障害福祉サービスを受けている障害者は原則、65歳になると介護保険サービスに移行しなければならない、いわゆる65歳問題に係る裁判では、65歳になっても引き続き障害 福祉サービスが受けられるという判決が示され、我々にとって勝訴となったこと。
 駅ホームの転落事故が続発しており、その対策が急務だとして運輸関係機関に対応を求めていること。
 マラケシュ条約の批准に向けた著作権法の改正が検討されていること。
などを述べられ、その後、議事に入りました。

議案は、今年度の補正予算、平成30年度事業計画と予算案、役員等の報酬規程の改正などでしたが、全て提案どおり承認されました。主な質疑について記します。

質疑1 日盲連の組織率は?
(答)各団体とも平均10%と推定。公称では5万名としているが、実質は全体で3万名程度と考えている。
質疑2 駅のホーム転落事故の具体的対策があるのか?
(答)基本的には、ホーム中央部に誘導用ブロックを敷設する等により歩行を優先させ、行動パターンを分析して対応を考えたい。また、安価なホームドアの検討も要望したい。
質疑3 意思疎通としての代読代筆の位置づけは?
(答)地域生活支援事業の中で任意事業から必須事業へ切り替えられた。代筆代読ヘルパーの能力向上の養成と読み書きのみで事業所運営が可能な費用体系を求めていきたい。
質疑4 介護保険対象として機能訓練指導員に鍼灸師を参入させることへの考えは?
(答)基本的には反対だが、これまでの経緯とあん摩師等法19条裁判の兼合いもあり、容認の考えをもっている。
質疑5 自治体の選挙公報は、どの程度可能か?
(答)規程がなく啓発の状態。実施には選挙期間が短く、技術的な困難さなどの課題がある。
質疑6 同行援護の宿泊の考え方は?
(答)1日ごとの算定とする。この度の改正で加算制度も改定され、盲聾者では25%加算に、支援3には1.2倍、重度者には1.4倍を掛けて算定することとなった。

 あはき協議会から裁判の支援金は243万円前後で、まだ未納の団体もあるとの報告がありました。
 その他の報告事項として、日盲連結成70周年にあたり、記念誌発行を計画し、年末完成を目標に取り組む予定であることと各団体も記事掲載について協力要請がありました。
 今年8月18日頃、大阪府(日盲連結成の地)を中心に記念イベントの計画があります。
 あはき協議会から、あん摩師等法19条裁判はおよそ年末までに判決が下りる見込みであることが明らかにされました。署名活動は、大阪・東京・仙台とも2万筆を超えたいますが、10万筆を目標に今後も継続すること。会員への啓発用にあん摩師等法19条ニュースを発行したところもある、との報告もありました。
 その後、評議員会としては初めての試みとしてフリートークの時間を設け、地方からの意見が求められました。どの団体も、高齢化と会員減少に悩んでおり、啓発と取り組みを模索しています。
 鳥取県では視覚障がい相談支援員を配置し、訪問による相談にも対応しています。滋賀県では、ミニ運動会の開催などがあげられました。
 スポーツ協議会からは理寮法協議会連合とも協調して、学生の就学や留学の支援を考える、賛助会員を募るなどの提案もありました。
 光の泉賞の推薦について偏りがあるので検討を、との意見も出ました。
 最後に本部から結成70周年にあたり、日盲連の名称については変更を含めて協議中との報告がありました。
 試みとしてはよかったですが次回から問題を絞って実施してほしいとの意見があり、大方の賛同を得ました。
 翌27日には、指導者研修会として、「平成30年度障害福祉サービス等報酬改定について」で、(1)同行援護、(2)共生型サービスを厚労省社会援護局障害保健福祉部障害福祉課担当官が講演し、質疑が行われました。
 評議員会および研修会資料の墨字・点字版を事務局に置きますのでご利用ください。保存期間は1年です。
以上です。

 島根県視覚障害者福祉協会事務局
 電話(0852)24−8169


posted by しまね県視障協 at 14:18| Comment(0) | お知らせ

2018年05月14日

身体障害者手帳の認定基準が今年7月から変わります。

 島根県視覚障害者福祉協会からのお知らせです。
 身体障害者手帳の認定基準が今年7月から変わります。
 厚生労働省から身体障害者手帳の認定基準が変わることが情報提供されましたので概要をお知らせいたします。

 今年7月から「視力障害」の認定基準について次にように見直されます。
 今までの認定基準は両眼の視力の和(合計)で認定されていましたが、見直し後は良い方の眼の視力を基準の他方の眼の視力との組み合わせによって認定されます。
 各級の認定基準は次のとおりです。

 1級
 視力の良い方の眼の視力(万国式試視力表によって測ったものをいい、屈折異常のあるものについては、矯正視力について測ったものをいう。以下、同じ)が0.01以下のもの

 2級
 1 視力の良い方の眼の視力が0.02以上0.03以下のもの
 または、2 視力のよい眼の方の視力が0.04かつ他方の眼の視力が手動弁以下のもの

 3級
 1 視力の良い方の眼の視力が0.04以上0.07以下のもの(但し2級の2に該当するものを除く。) または、2 視力の良い方の視力が0.08かつ他方の眼の視力が手動弁以下のもの

 4級
  視力の良い方の眼の視力が0.08以上0.1以下のもの(但し3級の2に該当するものを除く。)

 5級
  視力の良い方の眼の視力が0.2以上かつ他方の眼の視力が0.02以下のもの

 6級
  視力の良い方の眼の視力が0.3以上0.6以下かつ他方の眼の視力が0.02以下のもの

です。
 この「視力障害」の認定基準については平成30年7月1日以降に作成された診断書、意見書を添付した申請から新たな認定基準の対象になります。

 新たな認定基準により、例えば両眼がともに0.01の場合、現行の認定では2級に認定されていましたが、7月以降は1級に認定されます。
 また両眼の視力が0.02と0.03の場合、現行では3級に認定されていましたが、7月以降は2級に認定されます。
 ここに掲げた例はあくまで県視障協事務局において推定したものですので、詳細については近くの眼科医などでご確認願います。 

 なお「視力障害」の他に「視野障害」の認定基準も見直されますが、紙面の都合上、割愛させていただきます。 

 島根県視覚障害者福祉協会事務局
 電話(0852)24−8169


posted by しまね県視障協 at 19:14| Comment(0) | お知らせ

2018年03月16日

平成29年度第3回理事会の報告について

 今年度最後の理事会が2月18日、ライトハウスライブラリーで開催されました。その内容を報告いたします。

 理事25名中24名の出席で開会し、最初に会長から次の中央情勢報告がありました。
 今年10月から視覚障がいの等級認定基準の変更が予定されています。今までは両眼視力の合計で認定されていましたが、これからは良い片眼の視力で認定されることになります。例えば良い方の視力が0.03以下であれば1級に認定されます。片眼視力がそれぞれ0と0.04の場合、今までは1級でしたが、これからは片眼視力0.04で判定され、2級に認定されることとなります。しかしこれでは不利となるので日盲連では厚生労働省に強く要望し、片眼視力0.04以下であれば1級に、片眼視力0.08以下であれば2級に据え置かれることとなりました。
 この度の基準の見直しで、人によっては等級が下がることがあるので、該当と思われる方は障害認定の申請をしてほしいとのことでした。
 また、この4月から介護報酬、障害報酬も改定されます。その中で同行援護サービス料が改定され、身体介護の有無にかかわらず報酬単価が291点に統一されます。さらに、視覚障がい訓練施設には歩行訓練士を常駐させ、出張訓練も認められます。
 次に、6月の第71回日盲連全国視覚障害者福祉大会(東京大会)について報告がありました。当日は秋篠宮ご夫妻が臨席されます。
 8月末に開催する全国盲女性研修大会(島根県大会)は「日盲連結成70周年記念」の冠をつけ、日盲連から地元に10万円が上乗せ助成されます。
 昨年秋のタンデム自転車講習会を契機にボランティア組織が発足し、早速イベントが計画されました。これについて岩谷理事から、4月14から15日にかけて大阪の市民団体約60名が松江市大根島と美保関方面にサイクリングを計画、大根島周辺や中海一周約50kmを二日間かけて走行すること。3月上旬に松江市西浜佐陀町にある有限会社タクワサイクルが一畑電車一畑口駅から出雲ワイナリーに向けてタンデム自転車で走行するイベントを計画中であることが情報提供されました。
 中国ブロック三療研修会についての情報提供がありました。今年11月には島根県視障協が当番で開催することが決まり、正副会長、あはき部会の各委員、西元理事を実行委員として取り組まれます。
 次に各地区などからの要望について意見交換しました。
 主な要望として、JR列車の新型車両が導入されたが、その際に出口の構造やドアの開閉方法の変更などは周知を徹底してほしい、ライトハウスライブラリー前の大手前通りは広くなったが、交差点での歩行者用信号の時間が短く、対策を関係機関に伝えて欲しいという意見が出ました。
 議事に入り、平成29年度の事業実施状況や決算見込みについて事務局から報告されました。ほぼ予定どおりの取り組みげあることや助成金、税金の還付などを基に効率よく事業に取り組んだ結果、財政状況は黒字基調であることなどが報告されました。
 去る2月にあった中国ブロック代表者協議会の報告として、青年部会ではあはき自営業者への人的支援制度の確立を要望されたこと、あはき部会では保険対象の六疾患への追加と政治交渉力をつけること、無資格者対策は組織が団結して対応しなければならないこと、女性部会では、トイレ洗浄装置の統一した規格と入院時にもホームヘルパー制度が利用できるようにして欲しいという意見などが採択されたということです。
 会長会議では、来年度の全国視覚障害者福祉大会は札幌市で開催されることが決定したこと。あはき19条裁判に対しては島根県から毎回3名の傍聴があり、中国ブロックとしては10名前後が参加していること。はがき陳情活動は一応終了、署名活動は継続中であること。日盲連本部ではあはき19条裁判に対して晴眼者へ理解をすすめてもらうため、点字・墨字のリーフレットを作成したこと。各県団体事務局に配布されるので活用してほしいこと。広島県視障協からは、日常生活用具について調査依頼があるので協力してほしいとの報告がありました。
 次に平成30年度事業計画と予算の審議があり、事務局から説明がありました。
 主な事業計画として、「第17回ら・ら・ふぇすた」は11月4日(日)、松江市総合福祉センターで開催されます。5月の女性部総会は益田市で開催の予定です。平成30年度県視覚障害者福祉大会のアトラクションは浜田地区会員によるハーモニカ演奏が企画されています。再来年度の県福祉大会は松江市の予定ですが、詳細は4月の理事会で協議されます。
 中国ブロック大会(山口県大会)の参加方法は、貸切バスの料金が上がったため、JRでの費用が安上がりとなり、貸し切りバスは使用しないこととなりました。
 以上のような意見が出された後、計画に対して審議の結果、事務局提出議案に対し異議なく承認されました。
 次に県や国への要望を求めたところ、年金の増額要望が挙がり、理事会終了後に開かれた生活部会においてもこれを日盲連大会への要望事項とすることが決まりました。
 8月末に開催を予定している全国盲女性研修大会の開催経費資金へのカンパ活動はまず5月末をめざし、大会開催まで継続していくことが決まりました。
 この他に情報提供として、県立美術館で7月中旬から8月下旬にかけてクローン文化財の企画展示会が企画されていることが報告されました。
 以上で理事会は閉会となり、その後、引き続き各部会の会合、午後からは全国盲女性研修大会実行委員会の小委員会が開催され、今後の取り組みなどについて協議されました。
 理事会での審議の様子をお知らせしました。

 島根県視覚障害者福祉協会 事務局
 電話 0852−24−8169


posted by しまね県視障協 at 12:13| Comment(0) | お知らせ

2017年12月06日

身体障害者を対象とした島根県職員採用試験のご案内

 平成30年4月1日採用の身体障害者対象県職員採用試験が行われます。

採用職種と予定人員は、一般事務2名、学校事務1名です。
受験資格は、以下のとおりです。
1 昭和60年4月2日から平成12年4月1日までに生まれた人。
2 身体障害者手帳の交付を受け、その障がいの程度が1級から6級までの人
(平成30年1月6日までに交付される見込みの人を含む。ただし、試験当日に身体障害者手帳を持参できる人のみ受験できます。)
3 活字印刷文による出題に対応できる人(試験区分「学校事務」のみ)。
(「学校事務」では、採用後に就く仕事の内容が活字による書類を対象としたものが中心であるため、点字による試験は実施していません。

試験の日時は、平成30年1月6日、場所は松江市の島根県職員会館です。
申し込み締め切りは、郵送の場合、12月19日の消印有効。インターネットからの場合、15日午後5時までです。
受験手続き、その他この試験についての問い合わせは、島根県人事委員会事務局企画課任用グループ
(〒690-8501 松江市殿町1番地 島根県庁分庁舎3階  TEL(0852)22−5438)

島根県のホームページに、受験案内、申込書、自己紹介書のPDFファイルが上がっていますので、URLを記します。なお受験案内に関しては、概ね読み上げることを PC-Talkerで確認しています。
受験案内
http://www.pref.shimane.lg.jp/admin/syokuin/saiyou/saiyou_info/mousikomisenntaku.data/29-2sinsyo_annai.pdf

申込書
http://www.pref.shimane.lg.jp/admin/syokuin/saiyou/saiyou_info/mousikomisenntaku.data/29-2sinsyo_mousikomi.pdf

自己紹介書
http://www.pref.shimane.lg.jp/admin/syokuin/saiyou/saiyou_info/mousikomisenntaku.data/29-2sinsyojikosyoukaisyo.pdf

以上です。

島根県視覚障害者福祉協会 事務局
電話 0852−24−8169

posted by しまね県視障協 at 18:06| Comment(0) | お知らせ

2017年11月02日

一畑ウォークに参加しました。

 雲南市の佐藤昌史理事から一畑ウォークに参加した感想を投稿していただきましたので紹介します。

 雲南市の佐藤昌史です。
 一昨日(10月1日)の日曜日に開催されました一畑ウォークに初めて参加させていただきました。あいにくの雨模様で雨具を着てのウォーキングとなりました。
 電鉄一畑口駅に集合し、受付を済ませた後、小川会長の元気な挨拶、そして事務局田中さんから参加者の名前とサポートしてくださる方の紹介がありました。
 私は島根ライトハウスのなのはな園に勤務されている若い女性の職員さんと歩くこととなりました。彼女も初めての参加ということでしたが、風邪をひいておられ、この雨でよけいこじらせていないか心配しています。
「大丈夫ですか?」
と声をかけたところ、元気な声で
「大丈夫です。」
と答えられましたが、こちらは心配でした。あれから風邪に罹られていないでしょうか?
 初心者の私たちは歩くペースも分からないので、みなさんの出発の順にあわせて歩き出しました。途中、お仕事の話とか、スポーツの話をしながら上りにさしかかる手前の休憩地点まで歩きました。休憩地点では平田地区長常松さんの奥さんから柿の差し入れがありました。とても甘くておいしかったです。

 ここから上りの坂道ということで、急で曲がりくねっていることは知っていたので気合を入れて歩き出しました。途中、山の斜面からアケビの実が垂れ下がっているのを教えてくれました。彼女は食べたことがないとのこと。甘いけど種が多いので、好んで食べませんよね。それよりも彼女はお昼のお弁当の方が楽しみにしているとのこと。
私が
「門前で売っている饅頭もおいしいですよ。」
と言ったところ、とても嬉しそうにされていました。それでも坂道を歩いていくとだんだん足がだるくなってきました。
 また、上り坂の中間地点でしょうか? 先回りしてくださった常松地区長さんの奥さんたちから柿とお茶の差し入れ。 これで疲れた体が回復しました。ペットの供養塔を過ぎ、
「もう少しで駐車場だね」
と声を掛けながら歩きました。
 駐車場手前から門前まで雨が強くなり、急に体が冷えてきました。門前のお店の多くは閉まっていましたが、一番奥のお店の中からなぜか賑やかな声が聞こえてきました。お店の方が
「どうぞお入りください。」
という声につられて入ると既に地元会員や事務局のメンバーが到着し、休憩されていました。お店の方は雨で濡れたカッパのままの私たちを入れてくださり、暖かいお茶を入れてくれました。そのお店で買ったお饅頭と暖かいお茶で、一気に身体が暖まりましたよ。
 お店を後にして、最後の階段を上がって一畑薬師境内に入りました。本堂を参拝をしてから休憩所にまわり、濡れたカッパを脱ぎ、乾いたタオルで顔を拭いてやっと落ち着きました。
 用意していただいたお弁当をいただき、午後1時から本堂でご祈祷を受けました。点字の経典がありましたが唱えられるお経が早くてついていけませんでした。点字はまだまだ初心者のようです。

 一畑薬師からは貸切バスで電鉄一畑口駅まで送っていただきました。バスの中は安堵感からでしょうか、みなさんからの楽しい話し声が聞こえてきました。雨ということでよけい思い出の強い一畑ウォークとなりました。
 ご準備いただきました常松さんをはじめ地元の関係者の方、ライブラリー事務局のみなさん、私たちをサポートしてくださったボランティアのみなさん。本当にお世話になりました。ありがとうございました。    (終わり)


 心配していた空模様があいにくの天気でしたが、それが却って印象深いものになったのかもしれません。お二人の会話が読んでる方にもなんだか明るい気持ちにさせますね。
 参加された方々、お疲れ様でした。お世話していただいた方々、本当にありがとうございました。
 島根県視覚障害者福祉協会事務局
 電話 0852(24)8169


posted by しまね県視障協 at 19:14| Comment(0) | お知らせ