2018年05月18日

平成30年度第1回理事会について

 平成30年度第1回理事会の報告をします。
 去る4月22日、ライトハウスライブラリーで25名中21名の理事が出席して今年度第1回目の理事会が開催されました。

 まず、小川会長から中央情勢報告として、次のことが述べられました。
 同行援護の費用が改訂されたこと。
 歩行訓練は訪問によるものも報酬料の対象として認められること。
 65歳を境に障がい福祉から介護保健にサービスが移行し、生活に影響が出たりする、いわゆる「65歳問題」を少しでも解消するため、福祉サービス、介護サービスの共生型事業所を設置しやすくなること。
 療養費の受領委任払いが正式に認められ、マッサージの単価引き上げと往療料は見直される模様であること。 
 結成70周年を契機に日盲連の名称変更が検討されていること。
 あん摩師等法第19条裁判の資金カンパに当協会から12万円を送金したこと及びこの裁判が来年の初めに結審すると見込まれること。
 4月9日に発生した大田市を中心とした地震で、会員や視覚障害者の家屋の壁面に亀裂が発生した被害が2件あったこと。
 今年夏に開催する全女大会の寄付金はまだ目標額には達成していないが、着実に集まりつつあること、
などでした。

 続いて議事に入り、平成29年度の事業実績並びに決算・監査が報告され、原案どおり承認されました。
 次に平成30年度の事業計画並びに予算について、島根県からの委託事業「盲導犬健康管理費助成事業」を追加したいとの報告があり、事業計画、予算ともに了承されました。
 事業報告と新年度事業計画については、福祉大会開催案内と共に島根県視障協会員に送付しています。
 来年度(2020年度)は島根県が中国ブロック大会の開催当番に当たり、本協会の結成70周年の記念事業は再来年度(2021年度)に行うこととなりました。こうしたことから2020年度の福祉大会は益田市で行い、2021年度に松江市で70周年記念事業を行うことが後日、決定しました。

 地区からの要望事項として、降雪時の定期バス利用の配慮、バスカードリーダー装置の統一、歩道を走行する自転車のマナー指導、セラミック製点字ブロックの材質変更、視覚障害者対象の共同作業所の開設、盲学校卒業者がスキルアップできる授産所の開設などが挙がりました。
 これらは、今後の要望活動の参考にします。
 以上で今年度第1回理事会の報告を終わります。

 島根県視覚障害者福祉協会事務局
 電話(0852)24−8169


posted by しまね県視障協 at 09:25| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: