2018年03月16日

平成29年度第3回理事会の報告について

 今年度最後の理事会が2月18日、ライトハウスライブラリーで開催されました。その内容を報告いたします。

 理事25名中24名の出席で開会し、最初に会長から次の中央情勢報告がありました。
 今年10月から視覚障がいの等級認定基準の変更が予定されています。今までは両眼視力の合計で認定されていましたが、これからは良い片眼の視力で認定されることになります。例えば良い方の視力が0.03以下であれば1級に認定されます。片眼視力がそれぞれ0と0.04の場合、今までは1級でしたが、これからは片眼視力0.04で判定され、2級に認定されることとなります。しかしこれでは不利となるので日盲連では厚生労働省に強く要望し、片眼視力0.04以下であれば1級に、片眼視力0.08以下であれば2級に据え置かれることとなりました。
 この度の基準の見直しで、人によっては等級が下がることがあるので、該当と思われる方は障害認定の申請をしてほしいとのことでした。
 また、この4月から介護報酬、障害報酬も改定されます。その中で同行援護サービス料が改定され、身体介護の有無にかかわらず報酬単価が291点に統一されます。さらに、視覚障がい訓練施設には歩行訓練士を常駐させ、出張訓練も認められます。
 次に、6月の第71回日盲連全国視覚障害者福祉大会(東京大会)について報告がありました。当日は秋篠宮ご夫妻が臨席されます。
 8月末に開催する全国盲女性研修大会(島根県大会)は「日盲連結成70周年記念」の冠をつけ、日盲連から地元に10万円が上乗せ助成されます。
 昨年秋のタンデム自転車講習会を契機にボランティア組織が発足し、早速イベントが計画されました。これについて岩谷理事から、4月14から15日にかけて大阪の市民団体約60名が松江市大根島と美保関方面にサイクリングを計画、大根島周辺や中海一周約50kmを二日間かけて走行すること。3月上旬に松江市西浜佐陀町にある有限会社タクワサイクルが一畑電車一畑口駅から出雲ワイナリーに向けてタンデム自転車で走行するイベントを計画中であることが情報提供されました。
 中国ブロック三療研修会についての情報提供がありました。今年11月には島根県視障協が当番で開催することが決まり、正副会長、あはき部会の各委員、西元理事を実行委員として取り組まれます。
 次に各地区などからの要望について意見交換しました。
 主な要望として、JR列車の新型車両が導入されたが、その際に出口の構造やドアの開閉方法の変更などは周知を徹底してほしい、ライトハウスライブラリー前の大手前通りは広くなったが、交差点での歩行者用信号の時間が短く、対策を関係機関に伝えて欲しいという意見が出ました。
 議事に入り、平成29年度の事業実施状況や決算見込みについて事務局から報告されました。ほぼ予定どおりの取り組みげあることや助成金、税金の還付などを基に効率よく事業に取り組んだ結果、財政状況は黒字基調であることなどが報告されました。
 去る2月にあった中国ブロック代表者協議会の報告として、青年部会ではあはき自営業者への人的支援制度の確立を要望されたこと、あはき部会では保険対象の六疾患への追加と政治交渉力をつけること、無資格者対策は組織が団結して対応しなければならないこと、女性部会では、トイレ洗浄装置の統一した規格と入院時にもホームヘルパー制度が利用できるようにして欲しいという意見などが採択されたということです。
 会長会議では、来年度の全国視覚障害者福祉大会は札幌市で開催されることが決定したこと。あはき19条裁判に対しては島根県から毎回3名の傍聴があり、中国ブロックとしては10名前後が参加していること。はがき陳情活動は一応終了、署名活動は継続中であること。日盲連本部ではあはき19条裁判に対して晴眼者へ理解をすすめてもらうため、点字・墨字のリーフレットを作成したこと。各県団体事務局に配布されるので活用してほしいこと。広島県視障協からは、日常生活用具について調査依頼があるので協力してほしいとの報告がありました。
 次に平成30年度事業計画と予算の審議があり、事務局から説明がありました。
 主な事業計画として、「第17回ら・ら・ふぇすた」は11月4日(日)、松江市総合福祉センターで開催されます。5月の女性部総会は益田市で開催の予定です。平成30年度県視覚障害者福祉大会のアトラクションは浜田地区会員によるハーモニカ演奏が企画されています。再来年度の県福祉大会は松江市の予定ですが、詳細は4月の理事会で協議されます。
 中国ブロック大会(山口県大会)の参加方法は、貸切バスの料金が上がったため、JRでの費用が安上がりとなり、貸し切りバスは使用しないこととなりました。
 以上のような意見が出された後、計画に対して審議の結果、事務局提出議案に対し異議なく承認されました。
 次に県や国への要望を求めたところ、年金の増額要望が挙がり、理事会終了後に開かれた生活部会においてもこれを日盲連大会への要望事項とすることが決まりました。
 8月末に開催を予定している全国盲女性研修大会の開催経費資金へのカンパ活動はまず5月末をめざし、大会開催まで継続していくことが決まりました。
 この他に情報提供として、県立美術館で7月中旬から8月下旬にかけてクローン文化財の企画展示会が企画されていることが報告されました。
 以上で理事会は閉会となり、その後、引き続き各部会の会合、午後からは全国盲女性研修大会実行委員会の小委員会が開催され、今後の取り組みなどについて協議されました。
 理事会での審議の様子をお知らせしました。

 島根県視覚障害者福祉協会 事務局
 電話 0852−24−8169


posted by しまね県視障協 at 12:13| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: