2017年10月04日

中国ブロック広島県大会に参加して

 去る9月16日から17日にかけて福山市内で開催された中国ブロック広島県大会に参加した堀内早苗さんから状況報告がありましたのでご紹介します。

 福山市で、9月16、17日(土、日)に開催された第66回中国ブロック盲人福祉(広島県)大会に参加しました。
 台風18号が接近していたため心配していましたが、島根県からは貸切りバス、各自交通機関で参加する方、総勢33名の参加でした。
 貸切りバスは、9月16日午前8時松江駅を出発し、途中で参加者や昼食のお弁当を積みながら、午後1時の開会に間に合うよう無事到着しました。
 初日午後1時からは、一般部会、女性部会、青年部会、あはき部会、スポーツ部会の各分科会に分かれ、各県から提出された議題について討議されました。
 私は女性部会の島根県の代表者になっていましたので、提出議題の説明をしましたが、今年は各県とも何年も提出している継続議題が多かったからか、質問や意見が少なくとてもスムーズに進行されました。
 島根県は、来年島根県で開催の『第64回全国盲女性研修大会』の寄付の為に、永島さんと中川さんが手作りのバック、ポーチや、エコたわしを女性部会会場で販売してくださり、スムーズな進行で出来たたっぷりの時間を有意義に活用させて頂きました。
 分科会終了後、全体会議が行われ、講演では、竹下日盲連会長の中央情勢の報告がありました。
 早起きしたのでうとうとしそうなはずなのに、竹下会長は台風にも負けない勢いで、あっという間にたくさんの課題について話され、そんな暇もありませんでした。
 今年は、会議会場、懇親会会場、宿泊施設が別々だったり、会場玄関と駐車場が離れていたりして、移動に時間が掛ったかなと感じました。
 翌17日の大会式典、カラオケ大会は、台風のため、残念ながら参加せず帰路に着きました。
 朝すぐに出発したのですが、それでも家路に着く列車や、バスに乗れなかった方もあったようでした。
 私は適切な判断のおかげで、物凄く荒れないうちに我が家に到着できました。
 カラオケが聞けなかったこととおみやげがゆっくり買えなかったことが心残りですが、有意義な大会でした。
 お世話頂いた皆様に感謝します。


 折しも日本を襲った台風の中の帰り道はさぞや怖かったでしょうね。皆さん、お疲れ様でした。
 島根県視覚障害者福祉協会事務局
 0852(24)8169


posted by しまね県視障協 at 19:51| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: