2019年07月08日

日盲連 令和元年度定時評議員会について

 去る5月下旬に札幌市で開催された日盲連 令和元年度定時評議員会について、出席した小川常務理事から報告がありましたので、ご覧ください。
 以下、小川常務理事からの投稿です。

 日盲連令和元年度定時評議員会は、全国盲人福祉大会の初日(5月26日)ニューオオタニイン札幌において開催され、評議員69名中60名が出席しました。
 竹下会長のあいさつでは、地方で行われる全国大会の意義、改正障害者雇用促進法と読書バリアフリー法に関しての最新情報、国土交通省ホームドアワーキンググループの動きについての報告が行われました。
 地元、近藤会長のあいさつでは、20年かけて札幌市内の地下鉄全駅にホームドアを設置することができたとの報告もありました。
 議事では、平成30年度事業報告並びに決算報告が審議、承認されました。
 質疑の一部を紹介します。

 読書バリアフリー法の制定後のロービジョン対策について
 回答。マラケシュ条約での区分け、都道府県での努力目標の設定、関係者に4協議機関を設置。
 
 盲老人ホーム入所要件の緩和について
 回答。老人ホームの所得制限に県定数中の視覚障がい者の割合を勘案させたい。

 前回のブロック長会議の内容について
 回答。会議の持ち方、青年層の取り込み方について議論があった。
 意見 各委員会などの協議内容を公開してほしい。

 夜間に鳴動しない信号機や歩車分離式信号機の対応の仕方は?
 回答。新しいシステムの開発の段階で意見を言えるよう呼び掛けている。
 意見 手元で信号の色が識別できるものの開発を要望する。

 ほかに、セルフレジについては意見を集めて検討を加えたいとの回答があり、また、宅配ボックスの問題も出ていました。

 続いて、理事19名、監事3名の選任が行われました。
 中国ブロックからは岡山県の片岡美佐子会長が理事に選任され、本県の小川会長は日盲連副会長職及びあはき協議会会長職を退任しましたが、監事3名中の一人として残ることになりました。

 その他としてあんま師等法19条訴訟における活動協力のお願いがあったこと、会名変更は10月1日を目標に手続きを進めること、弱視者問題対策部会は7月7日、第1回目の会合を持ちたいこと、ロービジョンネットワークを全国に広げてほしいとの呼びかけがあり、閉会しました。
 後刻行われた理事会で正副会長の選任が行われ、会長に竹下義樹(京都府)、副会長に近藤久恵(札幌市)、逢坂清隆(岩手県)、野口豊(長崎県)の3名が選出されました。

 定時評議員会資料、墨字著点字及び全国盲人福祉大会の展示資料をライブラリー事務局に保管していただきますのでご利用ください。

 島根県視覚障害者福祉協会 事務局
 電話(0852)24−8169

posted by しまね県視障協 at 18:47| Comment(0) | お知らせ

第45回全国盲人文芸大会への作品応募について

日盲連が第45回全国盲人文芸大会への作品募集をしています。
以下に開催要項及び応募方法を載せますので、皆様の作品を是非応募してみてください。

第45回全国盲人文芸大会開催要綱並びに応募要領
1 目的
   文芸を通して視覚障害者の情操を耕し、豊かな心の目を養いながら相互理解と友情の輪を広げることを目的とする。

2 主催
   社会福祉法人日本盲人会連合

3 後援
   厚生労働省、文化庁、東京都、NHK

4 応募規程
 (1) 作品の種類
   「短歌」、「俳句」、「川柳」、「随想・随筆」の4部門とし、自作、未発表の作品に限る。
 (2) 応募資格
    視覚障害者
 (3) 応募方法
  @ 短歌、俳句、川柳は、1人3首又は3句以内。
    随想・随筆は、点字の場合1行32マス250行以内、墨字の場合400字詰原稿用紙10枚以内。
  A 川柳の課題は「しあわせ」(読み込み不可)と「約束」(読み込み可) の2題。
    3句のうちでどのように使ってもよい。他部門は自由。
   ※読み込み不可とは、お題の言葉・文字を使わずに作句すること。
    随想・随筆にはタイトルを付けること。
  B 参加料は、短歌、俳句、川柳は、1部門1,000円。
         随想・随筆は、1,500円。
    2部門以上応募するときは、それぞれの参加料を加算する。
  C 応募用紙は、部門ごとに別々の用紙を用い、1行目に部門、2行目から住所、氏名、電話番号、次の行から作品を書く。
氏名には必ず読み仮名をつけること。
    点字で応募する場合:できるだけ墨字を書き添えること。固有名詞には必ず墨字を書き添えること。
    間違い易い語句には簡単な注釈を付けること。
    墨字またはメールで応募する場合:固有名詞には必ずふりがなを付けること。
  D 応募の際は、必ず参加料【現金(現金書留封筒を利用すること)・小為替又は切手】を同封し、封筒には墨字で住所、氏名を明記する。
    メールで応募の場合は、入金方法と入金日を明記すること。
  E 応募作品の送付と入金の両方が確認された時点で応募を受け付けたこととする。
  F 郵送にて応募の際、他人の作品は同封しない。
  G 作品の送り先
    社会福祉法人日本盲人会連合文芸係
    〒169-8664 東京都新宿区西早稲田2-18-2
    jim@jfb.jp
    ※メールで応募の場合は件名に【文芸作品応募】と記載すること
    郵便振替口座 00170−9−48326
  H 募集期間
    令和元年6月1日から7月31日(当日消印有効)

5 審査及び表彰
 (1)審査員(予定)
  @短歌:佐佐木幸綱先生 池田はるみ先生 黒岩剛仁先生
  A俳句:松井国央先生 野ムツオ先生
  B川柳:川端六点先生 西出楓楽先生
  C随想・随筆:堀越喜晴先生 斎藤恵子先生
 (2)表彰
   優秀な作品には厚生労働大臣賞、文部科学大臣賞、東京都知事賞、NHK会長賞、日盲連会長賞を贈る予定。

6 入選者発表
  日盲連情報誌「点字日本(11月号)」、「日盲連アワー(11月号)」、「JBニュース(11月1日)」等で発表する。
  また、入選者インタビューを「声のひろば(1月号、2月号)」で放送する。

7 作品集
  応募作品を点字、墨字で刊行。応募者に送付する。
  俳句・短歌・川柳は、全作品、随想・随筆は、入選作品を掲載。
  応募の際、点字版、墨字版の希望を明記すること。
  墨字版希望の場合は、応募1部門につき、全部門掲載された作品集を1冊、点字版希望の場合は、応募1部門につき、1部門のみ掲載された作品集を1冊送付する。
  ※ 追加の作品集の購入を希望の場合は、下記連絡先までお問い合わせください。

8 メールアドレスの登録
  応募の際、メールアドレスをご記入いただいた場合、メールで入選者をお知らせするとともに、作品集のテキストデータを送付する。

9 問合せ先
  社会福祉法人日本盲人会連合文芸係
  〒169-8664東京都新宿区西早稲田2-18-2
  電話 03-3200-0011 / FAX 03-3200-7755
  メール  jim@jfb.jp
(ここまで)


 島根県視覚障害者福祉協会 事務局
 電話 0852(24)8169

posted by しまね県視障協 at 18:40| Comment(0) | お知らせ