2016年03月10日

平成28年度の主要事業日程について

 平成28年度の予定されている島根県視覚障害者福祉協会および関連団体の事業日程をお知らせします。
 事業名 開催月日 開催地の順にお知らせします。

全国盲人福祉大会 5月20日(金曜日)から22日(日曜日) 青森市
島根県視覚障害者福祉協会女性部定期総会及び研修会 6月5日(日曜日) 出雲市
島根県視覚障害者福祉大会(江津大会) 6月12日(日曜日) 石央地域地場産業振興センター
日本盲人会連合女性協議会(福岡大会) 8月21日(日曜日)から23日(火曜日) 福岡市
ライトハウスライブラリーボランティア連絡協議会主催交流会 8月28日(日曜日) 場所未定 
全国盲青年研修大会(千葉大会) 9月3日(土曜日)から4日(日曜日) 千葉県
日本盲人会連合中国ブロック盲人福祉大会 9月10日(土曜日)から11日(日曜日) 岡山市
ライトハウスライブラリー主催第15回ら・ら・ふぇすた 9月18日(日曜日) 松江市総合福祉センター
島根県視覚障害者福祉協会主催一畑ウォーク 10月9日(日曜日) 出雲市の一畑薬師周辺
あはき学術研修会 10月23日(日曜日) 出雲市
中国ブロック青年部交流会 11月5日(土曜日)から6日(日曜日) 米子市、松江市
広島県並びに広島市の視覚障害者福祉協会共催 中国ブロック三療研修会 11月下旬 広島市
 以上です。
 なお、いずれの事業も都合により変更されることがありますので、あらかじめご承知おきください。

島根県視覚障害者福祉協会事務局
電話(0852)24−8169


posted by しまね県視障協 at 11:41| Comment(0) | お知らせ

島根県視覚障害者福祉協会理事会の報告について

 去る2月21日に開催されました島根県視覚障害者福祉協会理事会について報告します。
 小川会長から冒頭の挨拶に続き、次のような中央情勢報告がなされました。
 昨年6月から始まったあはき免許保有証交付事業ですが、当協会事務局で受理した申請件数は全国の都道府県レベルの協会の中では東京都、京都府に次いで3番目の56件となり、間もなく日盲連本部から各府県協会を経由して申請者の手元に届けられる予定となっています。しかし、保有証交付が最終目的ではなく、この保有証の意義を県民に周知しなければならないこと、一人でも多くの会員が保有証を取得し、県民の皆さんに安心して施術を受けられるよう環境を整えることが必要であることが報告されました。
 また晴眼者を対象とした按摩師養成学校の新設や定員増などが厚生労働省に申請されましたが、審議会ですべて却下されたこと、障害者差別解消法にかかる島根県職員、教職員、県警察職員の対応要領が当事者の意見を聞きながら策定する準備が進められていること、障害者差別解消条例は、島根県においてはこれからで、各地区においては松江市がこの秋の条例制定を予定されていること。
(その後、各地区役員から浜田市や安来市でも条例制定に向けた取り組みが報告されています。)
 以上のような情勢報告がなされました。

 続いて議事に入り、今年度後期の事業報告と決算見込みが事務局から報告されました。
 また、中国ブロック会議では小川会長が引き続きブロック担当理事に就任、年度末の会長選挙には一致して現竹下会長を押すこと、島根県における障害者差別解消条例は未だ計画がないこと、青年部からは11月5日から6日にかけて米子市と松江市で交流会が予定されていること、あはき部ではあはきに関する法律とその解釈について協議したことが報告されました。

 平成28年度事業計画については今年度とほぼ同様の事業計画が提案され、予算については27年度と比較して約20万円の減額となった予算案が提案されし、承認されました。
 今年の福祉大会は6月12日、江津市の石央地域地場産業振興センターを会場とし、アトラクションにはフルートとバイオリンの演奏が予定されていること、江津駅から会場までは送迎バスが運行されることなどが報告されました。

 その他、5月に青森県で開催される全国盲人福祉大会への提案については、音響信号機の設置を標準仕様とすること、公務員、特に警察官の身分が容易に認識できるよう特段の配慮をお願いすることの二つにすることで承認されました。
 また白杖シグナル運動の取り組みについては、まず白杖そのものの啓発が大事で、このことを各方面へ呼びかけていくこと、中国ブロック岡山大会は貸し切りバスによる送迎の方向で考えること、中国ブロック大会出場のためのオセロ大会予選会を計画すること、ライトハウスライブラリーボランティア連絡協議会主催の交流会の内容については連絡協議会側に一任すること、島根県身体障害者団体連合会などが取り組んでいるそうめんなどの販売活動による財源確保については、その味も問題でできればら・ら・ふぇすたで試食すること、タンデム自転車(二人で漕ぐ自転車)の公道での走行規制緩和の要望があり、音響信号機設置の標準仕様化とともに県公安委員会へ要望することなどが決まりました。

島根県視覚障害者福祉協会事務局
電話(0852)24−8169


posted by しまね県視障協 at 11:19| Comment(0) | お知らせ