2019年03月28日

タンデム自転車の走行会報告です。

 去る3月17日、日曜日の午後、島根県視障協では島根県東部の中海に浮かぶ大根島周辺でタンデム自転車走行会を開催しました。
 前夜からの雨が午前中も残り、午後の走行会開催を心配していましたが、時が経つにつれ次第に雲も遠のき、暖かくなり、タンデム走行会に相応しい天気になりました。
 
 タンデム自転車は、現在島根県内には松江市内にあるタクワサイクル様に3台、個人所有1台を確認していますが、走行会当日、松江市内にあるNPO法人プロジェクトゆうあい様から当協会にタンデム自転車1台を寄贈され、合せて5台のタンデム自転車で走行会を開催しました。
 プロジェクトゆうあい様がタンデム自転車を当協会に寄贈された経緯をお伝えします。
 昨年の9月にプロジェクトゆうあい様が運営される、障がいのある方の観光をサポートする「松江山陰バリアフリーツアーセンター」が、「第1回松江ツーリズム研究会観光大賞」を受賞され、副賞として送られた賞金を元に、当協会にタンデム自転車を寄贈したいとの申し出があり、この日の寄贈に至りました。
 当日はタンデム自転車の寄贈式を行うとともに、披露に併せて実際に参加者に乗車していただきました。

 走行会参加者は県内の視覚障害当事者9名でした。タンデム自転車で操縦役となるパイロットをタクワサイクル所属の市民サイクリニスト5名に手伝っていただきました。
 参加者は5台のタンデム自転車の後部座席に跨り、大根島周回道路や島内道路を走り回りました。約10キロの道のりを3、40分程度でスタート地点に帰る周回コースです。
 前半組では途中で突然、雹が降り、近くで雨宿りをするなどのハプニングがあり、待っている組が心配したりしましたが、後半組が乗る頃にはすっかり晴れあがり、頬に当たる風を感じつつ、息遣いが多少乱れるも爽やかな汗をかきかき、ゴールしました。
 初めてタンデム自転車に触る人、乗る人もいましたが、タクワサイクルのサイクリニストのサポートで快適なサイクリングができました。

 当協会に寄贈されたタンデム自転車はタクワサイクル様に管理を委託し、誰でも乗っていただけるようにしてあります。
 これから暖かくなりタンデム自転車を乗るのにふさわしい気候になります。会員の皆様、ご家族様。この機会にぜひタンデム自転車に乗っていただき、行動半径を広げていただければと思います。
 タンデム自転車はタクワサイクル様でレンタルしています。お問い合わせ、お申し込み先は、電話(0852)36−7775 県立盲学校のすぐ近くにあるタクワサイクル様です。

 島根県視覚障害者福祉協会事務局
 電話(0852)24−8169

縮CIMG8620.jpg
縮CIMG8639.jpg
posted by しまね県視障協 at 17:18| Comment(0) | お知らせ

2019年03月04日

島根県視障協第3回理事会について

 先日開催された島根県視障協第3回理事会の様子が小川常務理事副会長から寄せられましたので、報告します。

 今年度第3回目の理事会が2月17日、ライトハウスライブラリーで開催され、理事25名中23名が出席しました。
 最初に会長から中央情勢として次の七つの報告がありました。
@国家公務員の障害者対象採用試験には定員の10倍を上回る受験者があった。視覚障害者の働く場の確保として、今後、あはき資格を生かした職種を検討するよう県にも要望していきたいこと。
A日盲連関係では、日盲連の名称の変更が検討されており、「日本視覚障害者団体連合」の案が挙がっていること。弱視者対策が本格的に取り組まれ、今後、地方へ波及すると見込まれること。日盲連では教育分野にあまり取り組んでいなかったのでこれから取り組むこととなったこと。あはき等法19条裁判は今年中には一審判決が見込まれること。
B県の防災訓練では避難所での訓練が取り上げられ、先般、松江市内の避難所で訓練があったこと。
C県の歩行訓練関係予算が増額される見込みであること。
Dプロジェクトゆうあいから本会にタンデム自転車が寄贈されたこと。
E篠原電気から本会にLED付き信号補助機が寄贈され、県警と設置場所や管理方法を協議中であること。
Fこのたびの県知事候補者には県の差別解消条例制定と避難体制の充実を要望していくこと。

 次に今年度の事業活動と収支の中間報告が行われ、収支見込みについてはマイナス3万円程度であることが報告されました。
 平成31年度事業計画と予算が審議され、承認されました。収支見込みはマイナス10万円程度です。
 県への要望とその回答および事業計画は本会ホームページに掲載してあります。
 県への信号機についての要望は、予算要求の都合で、新年度の早い時期に取りまとめることとし、今年は5月17日(金)までに事務局へ提出することが申し合わされました。
 今年の県視覚障害者福祉大会は6月9日(日)、益田市人権センターで開催し、10時に開会、アトラクションは明誠高校の吹奏楽部と合唱部が出演予定であることが報告されました。
 また、中国ブロック盲人福祉大会島根大会は9月7日(土)・8日(日)の予定で行うこととし、実行委員として正副会長および田部理事、藤原理事、佐藤理事、安達理事、堀内理事、古角理事、西元理事、三輪理事が指名されました。4月の理事会後に実行委員会を開催するが、委員から協力の依頼があれば会員は協力をしてもらいたいとの呼びかけがありました。
 次に全国盲人福祉大会への提出議題については、視覚障害有権者への選挙公報の充実を求める意見書の提出についてとし、本県においても各自治体議会に対し、陳情していくこと、来年の全国盲人福祉大会は宮城県で開催されることも報告されました。
 その他として、県視覚障害者福祉大会オセロ大会参加者も5月17日(金)までに申し込みをすること、松江一畑百貨店北側の信号機音声の稼動時間が延長されたこと、本会の将来について考える時期がきていること、あはき裁判関係や本会の活動状況も情報として発信していくこと、カード決済時代に備え視覚障がい者も関心を持ち、研修の機会を設けていくこと、障害者がJRを利用する際の各駅受付番号が廃止され、JR西日本お客様センターに集中受付されることになったことなどの報告事項や意見が出されました。
 事務局からは、島根県が取り組んでいる体の障害などでサポートを受けたいことを知らせるためのヘルプマークが本会事務局でも交付できるようになり、申請の手続きはライブラリーで行えること、ライブラリーから、ら・ら情報便というメール便が発信されており、希望者はパソコンまたは携帯などのアドレスを知らせると順次情報が流れるので登録をしてもらいたいことなどの情報提供がありました。
 以上で報告を終わります。


 小川副会長、投稿ありがとうございました。
 島根県視覚障害者福祉協会事務局
 電話 (0852)24−8169

posted by しまね県視障協 at 15:28| Comment(0) | お知らせ

2019年02月15日

タンデム自転車走行会のお知らせ

島根県視覚障害者福祉協会では 3月にタンデム自転車の走行会を計画しました。
年度末でお忙しいとは思いますが、 興味のあるかた、是非ご参加ください。
コースは大根島周遊で距離は10キロ程度の予定です。
1台の自転車を2人で交代して運転することもできます。
その場合は車を手配し、自転車に乗らない人は車輸送となります。
日程については次のとおりです。 多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

日時 
3月17日(日) 雨天の場合は3月31日(日)に延期
日程 (予定)
13:00 ライトハウスライブラリーに集合 その後 車にて大根島へ移動
14:00 大根島をスタート
    大根島の外周をサイクリング 全長10キロ
    途中休憩あり。
16:00 大根島からライトハウスライブラリーへ移動
16:30 ライトハウスライブラリーに到着後、解散
参加費 500円 (保険料含む)
定員  10名  
申し込み〆切  3月8日(金)
お問い合わせ・申し込み先
島根県視覚障害者福祉協会事務局 
電話 0852-24-8169 担当 田中・金山
posted by しまね県視障協 at 08:10| Comment(0) | お知らせ

2019年02月14日

日盲連中国ブロック会長、部長会議に出席して

 先日、日盲連中国ブロック会長、部長会議に当協会佐藤理事が出席され、その様子を投稿されましたのでご紹介します。

 こんにちは。雲南市 佐藤昌史です。
 去る2月3日、山口県下関市で開催された日盲連中国ブロック会長、部長会議に出席してきましたのでその様子を報告します。
 会場は、下関市のJR下関駅から車で5分前後のところにある社会福祉法人山口県盲人福祉協会でした。
 私は青年部会に出席しました。話し合った4項目について報告します。
 まず一つ目は、視覚障害を持つ自営業者に対する業務介助を目的とした支援者派遣制度の新設についてです。
 制度新設に向けて私たちも検討をしていくとともに、組合をつくれば既存の制度が使え、ヒューマンアシスタント制度が使えるという情報があるので、この二つを検討していくということとなりました。
 組合をつくってというのは、今年度の全国盲青年大会で出た情報とのことです。
 治療院を自営で経営されている人が一定の地域で複数人集まって組合をつくり、その組合に業務介助者ヒューマンアシスタント)をおいて、組合員の各治療院を回っていくとのことです。
 二つ目が中国ブロック青年部研修会の今後についてです。
 研修会を主催する県が、その県内だけでなく他県の集まりやすい場所であったり、多くの人が楽しめる場所で行ってもいいのではという提案でした。
 主催県に一任するということで話がまとまりました。
 三つ目は、視覚障害者の横断歩道の渡り方についてで、みんなで情報交換しました。
 視覚障がい者が白杖を振ったり、夜光反射材を身に付けるなど、こちらも渡る意思をアピールする、車を運転されるドライバーのマナーの向上について啓発していく、エスコートゾーン、音響式信号機の設置について要望活動をしていく、などが出ました。 
 青年部会の司会者が歩行訓練士ということで、歩行訓練士から見たアドバイスもありました。
 四つ目は、平成30年度中国ブロック青年部交流会についてです。
 昨年、広島県で開催された交流会はとても楽しい企画で、大盛況だったので反省するところはない、というみなさんからの意見でした。
 中でも歴史博物館や自動車博物館、パンづくりなど、触って楽しめる企画が良かったとのことでした。
 その他、来年度の青年協議会中国ブロック全国委員の選任がありました。
 予定時間の12時半から2時半まで、時間をフルに使った話し合いとなりました。その後、各部会での討議結果を全体会議で報告し終了となりました。
 日頃、なかなか私たちの思いや要望をかなえるのは難しいですが、私たちができることは、当事者で話し合うこと、そしてきちんと要望をまとめること、要望がかなうまで継続して活動することだと思います。
 以上です。


 佐藤さん。中国ブロック会長、部長会議の報告、ありがとうございました。
 これからもご活躍をお祈りします。
 島根県視覚障害者福祉協会 事務局
 電話(0852)24−8169

posted by しまね県視障協 at 20:04| Comment(0) | お知らせ

2019年02月07日

島根県視障協 女性部研修会のお知らせ

 島根県視障協女性部では会員をはじめ視覚障害当事者を対象とした研修会を下記のとおり計画しています。
 関心のある方ならどなたでも受講できますので、お誘いあわせの上、ご来場ください。
 主催者の運営の都合上、受講希望の方は島根県視障協女性部の各支部長にお申込みください。
 なお、受講料は不要です。

日時   平成31年2月24日(日) 13時から14時30分まで

場所   ライトハウスライブラリー2階 交流室
     (松江市南田町141-10  電話 0852-24-8169) 

研修内容  「終活のすすめ」
       講師 松江市役所 健康部健康政策課
           地域包括ケア推進係 高野(こうの) 美智子 氏


 島根県視覚障害者福祉協会事務局
 電話 (0852)24−8169

posted by しまね県視障協 at 10:34| Comment(0) | お知らせ